お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

平岡八幡宮 秋の特別拝観

ご訪問ありがとうございます!

9/16(金)~一般公開される平岡八幡宮の「花の天井秋の特別拝観をご紹介します。

平岡八幡宮とは、高雄山神護寺の守護神として、弘法大師が809年に創建した
山城国最古の八幡宮で、昨年、12/10に創建1200年の節目を迎えました。


花の天井とは、神殿の天井に描かれた44面の極彩花絵。
天井画の並び通りに書かれた花の名前を見ながら見学します。
菖蒲(あやね)、芥子(けし)、大山蓮華(おおやまれんげ)、柘榴(ざくろ)・・・
フリガナも書かれていますが、漢字だけだと読めないものもあります。
こんな漢字を書くのか・・・と再認識させられる瞬間でもあります。

もともと、同時に描かれた壁絵もあったそうですが、壁ですと光が当たってしまうため
色が消えてしまっているようです。
その点、天井は光があたりにくいため、今でも極彩色が消えずに残っているようです。
宮司さんのお話を聞き、歴史を感じる花の天井をじっくり鑑賞できる秋の特別拝観。

観賞後は休憩所へ。
宮司さんが漬けた梅干しと、結び昆布の入った大福茶がいただけますよ♪


また、春の境内では、樹齢300年を超える紅椿や、「願い事をすると白玉椿が一夜で花開き、
願いが成就した」と伝えられる、白玉椿伝説の白玉椿、樹齢200年白椿など約200種もある
椿を鑑賞することができます。
※見頃は、桜が咲くころだそうです。


これからの季節、11月には紅葉も楽しめます。
春には椿、秋には紅葉と、魅力があふれる八幡宮です。





★——————————————–
平岡八幡宮
京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23
市バス 高雄行き「平岡八幡宮停」
10:00~16:00
TEL 075-871-2084
※拝観料600円
★——————————————–





■□■
京都の貸家・町家サイト 囲 スタッフ日誌

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年9月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:京都情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ